toggle
2018-04-03

Vol.4 デザイナーが語る、幻想的なオーロラをデザインした”Auro(アウロ)”ストーリー

DI CLASSE(ディクラッセ)社長兼デザイナーの【Domei】が、デザインした照明1つ1つの誕生秘話やストーリーを語る「Domei’s Voice」
第4回目は、幻想的に夜空を彷徨うオーロラをデザインした「Auro(アウロ)」です。誕生以来15年以上ロングセラーとなっている照明について、語ってもらいましょう!

幻想的なオーロラをデザインしたAuroストーリー

透明感のあるオーロラをデザイン

夜空に突然現れる美しいオーロラ。そのモチーフが浮かんだのは、月を見ながらデザインを考えていた時でした。日本でもしオーロラを間近に見られるとしたら、こんな形ではないかと空想してデザインしました。

幻想的なオーロラをデザインしたAuroストーリー

端材を出さないデザイン作り

Auro(アウロ)はシートに丸棒を通した串刺し構造になっていますが、意外にもこの構造の照明は当時珍しかったのです。ポリプロピレンの既成板を斜め半分にカットする事で、端材を出さずに完成させたエコロジーな手法。日本人のもったいないという表現方法と物を捨てないという文化を表してみました。そう!「地球に優しく」という発想です。
メーカーは、デザインを追求した結果出た端材を当時は良しとしてきました。私は端材から産み出すデザインがあっても良いのではと考えていました。
沢山のメーカーが新商品を開発し、山ほど端材を残す事で一体地球はどうなるんだ~って考えてましたよ。
Made in Japanにこだわり、完成までに1年間の月日がかかった商品です。
Good Design賞を戴いたのは、10年くらい後の事でした。

幻想的なオーロラをデザインしたAuroストーリー
関連記事